真夜中の弥次さん喜多さん

原作を読んでるので よくやったよ!充分だよ! というきもちと
でも 闇は もっと 暗くて深いんだよー というきもちが 交錯
全般的に (むだに)豪華で 景気がよかった
もっと早く、お花見の頃に 観ればよかった


長瀬智也が いきいきと 楽しそうに バカを演っている姿は
見ていて 清々しい気分になる (弥次さんは オトコマエだなぁ)


喜多さん役の 中村七之助も ときに可憐で よかったのだけど
ヤク中顔として イメージどおりすぎて ちょっとこわすぎた


麻生久美子の色っぽい姿が 自分的には (かなりの) 収穫


だいたいどの役もよかったのだけど 荒川良々については
「わたし そこまで 良々のこと 好きじゃない‥」 と 思った
きっと宮藤官九郎は 良々のことが 大好きなんだろう‥