ギンレイ二本立て

ぼくを葬る

湿っぽくならずにきれいな映画で
フランソワ・オゾンの美意識節ってかんじ


ジャンヌ・モローのくずれかけの美がなんかすごかった、けれど
きれいでいやみのないいい作品だったと思う、けれど
ジャンヌ・モローが全部持っていってしまったような印象


ブロークバック・マウンテン

これを愛と云うのだろうか‥
なにもかも唐突で ざっくり大味で 情緒なさすぎ
なにかもっとしぼればよかったのに


ジェイク・ギレンホールの、一生懸命夢を語っても嘘にしか聞こえない、
そんなたたずまいがよかった 
(よくないか) (いやせつなくていいよ) (唯一ここにリアリティがあった気がする)


観終わって、「ああ‥ なんかおもしろい映画観たい‥」 としみじみした
(せめて、「ぼくを葬る」を後に観れば‥。 こんなもやもやしなかったのに)